読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

依存関係のみを列挙したdebを作る

自分の環境とかを作るときに依存関係のみを記述したdebとかがあると気軽に環境を再構築しなおせたりして便利。equivsというパッケージを使うと依存関係のみを記述したパッケージを簡単に作れるらしい。

$ equivs-control walf443-setup
$ vi walf443-setup
# 必要なところをコメントアウトして書く。ほぼPackageとDependsを書けばOK.
$ equivs-build walf443-setup

そうすると、walf443-setup_1.0_all.debができるので、dpkg -iするなり、ローカルのaptサーバーに入れるなりする。

設定ファイルだけをリビジョン管理しておけばよいのでsvn-buildpackageとか使わなくても管理、アップデートも楽チン。

また、あとから依存関係を増やしても、各サーバーにaptitude update && aptitude install walf443-setupするだけでよいので非常に管理も楽。

参考

http://www.debian.org/doc/manuals/apt-howto/ch-helpers.ja.html

追記

ファイルを追加できることもできるっぽい。

例えばFilesセクションで、

Files: walf443-apt.list /etc/apt/sources.list.d/walf443-apt.list

とか書いておくと、equivs-buildしたときに同じディレクトリにあるwalf443-apt.listファイルを/etc/apt/sources.list.d/以下にコピーしてくれるようになる。

1ペア1行ずつで複数書けるっぽい。( lennyかららしく、etchにはこの機能がないかわりにPreInstとかがあるっぽいのでこれを使えばいいのかなぁ。。。