読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2行書きかえるだけでSQLをログに出力できるようになるgo-sql-tracerを作りました

go

isucon予選中に、SQLを出力したくなったのだけど、ふとgithub.com/shogo82148/go-sql-proxyを使ってみようとしてとりあえず簡単に使う方法が書いてなくて少し使い方を調べるのに苦労したので、isuconで時間のロスなく使えるようにそのwrapperを書きました。

package main

  import (
    database/sql
    "github.com/go-sql-driver/mysql" # load driver before load go-sql-tracer
    _ "github.com/walf443/go-sql-tracer"
  )

  func main() {
    db, err := sql.Open('mysql:trace', dsn)
  }

ポイントは、

  • 元々使っていたドライバ名に":trace"とつけること
  • go-sql-driver/mysqlをimportしたあとに、importすること

です。

今database/sqlに登録されているドライバ一覧から、go-sql-tracerのinit内で、':trace'をつけてドライバを登録しているので使いたいドライバの後でimportする必要があります。

go-sql-proxyはカスタマイズも柔軟にでき、非常に素晴らしいライブラリですが、カスタマイズしなくてもいいのでとりあえずSQLのログみたい、というときは非常に便利かと思います。

github.com